HOME -- 足袋

足袋

足袋

足袋(たび)とは

日本固有の伝統的な衣類で、足に履く靴下の様なものです。一般的な物は木綿の布でできています。
日本の伝統的な履物である草履・下駄・雪駄などの鼻緒の付いた物を履く際に用いるため、親指と人差し指の部分で袋が2つに分かれた構造になっています。

足袋の種類

皮足袋
皮足袋は耐久性が優れており、つま先を防護し、なおかつ柔軟で動きやすいために合戦や鷹狩などの際に武士を中心として用いられていたのですが、次第に平時の服装としても一般的に着用されるようになりました。
布製の足袋が登場するにいたって皮足袋は姿を消し、現在ではごく特殊な場合を除いて見かけることはありません。

白足袋
白足袋は主に改まった服装の際や慶弔等の行事ごとの際に用いられます。
殊に儀式用・正装用というわけではないのですが、黒足袋・色足袋が平服にしか合わせられないのに対し、白足袋は平服から礼服まで広汎に着用することができます。


黒足袋

黒足袋
男性が平服の際に用いる黒色の足袋です。
一説には白足袋のように汚れが目立たないので経済的であるところから考案されたとも言われているようです。


色足袋

色足袋・柄足袋
白黒以外の色や柄ものの足袋。一般的には通常女性が使用しています。
しかし、現在では女性同様に着物の柄に合わせて選ぶことも珍しくないようです。


ニット足袋
伸縮性のあるニット生地が使用されている足袋のことです。
織物で作られている足袋はセンチきざみでサイズが設定されているのに対し、ニット製品は生地の伸縮性を生かしS・M・L等と各サイズ設定に幅を持たせています。
織物を使用して作られた足袋より拘束性が小さく、靴下に近い履き心地が得られるのが特徴です。

ヒール足袋
踵部分にヒール芯というクサビ状の台を挿入できるよう仕立てられた足袋。
最下部のコハゼよりも下側にヒール芯を挿入できるスペースを持っています。


地下足袋

地下足袋
丈夫な生地で作られた本体にゴム底を貼り付け、直接屋外で履く事ができるようにした足袋です。



HOME | | サンダル | スリッパ | 下駄 | 草履 | 草鞋 | 足袋 | 外反母趾 | サイトマップ