HOME -- 草履

草履

草履

草履とは

日本の伝統的な履物のひとつであり、明治時代以降に洋靴が普及するまで広く使用されていました。現代の日本においては主に和装時に履きます。下駄よりも格式があり、改まった履物とされています。
種類がいくつかありますが、現代では「革草履」が主流になっており、男性用・女性用ともに革、布、ビニール、などで覆われた小判型の靴底(ソール)に同種の表をつけ、鼻緒が据えられています。
広く普及していた頃、靴底の素材は良質のコルク製だったのですが、和装の衰退に伴い安価なウレタンを採用した物が増えてきました。


何枚草履

正装で用いられるような高級品は底を重ねて厚みを持たせてあり、「何枚草履」などと呼ばれています。
また、地面と接する底裏の部分は硬質のウレタンゴムが貼られます。


雪駄

厚みのない台の裏に牛革やウレタンゴムを張り、鼻緒を据えた四角い男性用の草履を「雪駄(せった)」と言います。
また、布や藁を素材とし、後部に足首に固定するための結び紐を付けた草履に似た形状の履物は草鞋(わらじ)と呼び、昔は日常作業用の履物として普及していました。


健康に良い履物

近年では鼻緒付きの履物が足の鍛練に効果があるという意見から、子供に下駄や草履をはかせることが注目されているようです。
鼻緒を挟み、台を踏ん張るため足の筋肉が鍛えられるため、土踏まずの形成や外反母趾の予防にも効果があると言われているのです。
「はだし教育」として幼稚園・保育園・小学校などの施設で指定の履物にするところもあります。はだし教育では素足で履くよう取り組んでおり、足が蒸れないという効用もあるのだそう。
また、転び易い、長時間立っていられない、短距離の歩行で疲れるといった子供が昔と比べ増えていますが、草履や下駄等は靴・スニーカー等と違い、足を包み込まないため開放的で、足そのものが幅広く成長し広い足の裏の面積でより安定して支えられるといった点においても健康に良い履物と言えるでしょう。
また、底が厚く高い靴などは草履に比べ履いた時の安定性が悪く、更に底が不均一に磨耗した場合、より傾きX脚やO脚、ハの字・Vの字(逆ハの字)歩きを誘発するため、悪循環を助長すると考えられ草履はスニーカーなど靴の変形進化した履物と比較して、足腰の安定や美脚効果が優れています。



HOME | | サンダル | スリッパ | 下駄 | 草履 | 草鞋 | 足袋 | 外反母趾 | サイトマップ