HOME -- 下駄

下駄

下駄

下駄とは

日本の伝統的な履物で、木製の板に足をのせ、緒(鼻緒)で固定したもののことを言います。
板の台に、「歯」という接地用の突起部を付け、「眼」という穴を3つ穿ち、「鼻緒」を通します。足の親指と人差し指の間に鼻緒を挟んで履きます。
和服と合わせて履く事が多いですが、正装ではなく、普段着の和服と組み合わせることが一般的となっています。また、浴衣の際は素足に下駄が基本ですね。
しかし、洋装に下駄を履く場合もあります。
今ではもう見られませんが、男子学生がファッションとして崩れた洋服(学生服)に下駄を履いていることを昔は「バンカラ」と呼んでいました。
現代の日本では、和服が着られる機会が少ないのと同様に、履かれることは少なくなってしまいました。
これは、東京オリンピックを機に、それ以前は9割以上が砂利道であった市町村道が急激にアスファルト化していった事が大きいと言われています。

近年の状況

近年の状況

1995年頃から、「かわいいし、音がいい」と、下駄を普段履きとして使用する若い女性が増えました。また、浴衣の流行に伴って、下駄の人気も回復しつつあるようです。
下駄は鼻緒で足が痛くなるもの、歩きにくいものと言われて敬遠されていましたが、浴衣メーカーや履物屋が痛くならない下駄を開発した事や、個人の足にあわせて鼻緒を調整する職人が各地で紹介されたりした結果、以前より快適に履ける環境が整ってきています。
また、足を鍛える目的で子供に下駄を履かせる大人が増えた事により、小さなころから下駄に親しむ子供が増えたり、僅かですが年配の女性がサンダルの代わりに下駄を履く姿も見かけます。



HOME | | サンダル | スリッパ | 下駄 | 草履 | 草鞋 | 足袋 | 外反母趾 | サイトマップ