HOME -- -- ハイヒール

ハイヒール

ハイヒール

ハイヒールとは

ハイヒールとは「高いかかと」という意味であり、履くとかかと部分が爪先よりも持ち上げられる形状の靴を指します。
しかし、かかとと爪先の両方が共に高いソールの靴はハイヒールとは呼ばず、「プラットフォーム・シューズ(厚底靴)」と呼ばれます。
一般的にこの形態の靴はほとんどが婦人靴に限定されているのです。
元々ハイヒールとは「高いかかと」の靴の事なので、パンプスからブーツに至るまで実に多くのバリエーションのハイヒールがあります。
またかかとの高さ、太さによって「ピンヒール」「スティレットヒール」等、様々な種類があります。

ハイヒールの長所

ハイヒールの長所

背を高く見せ、頭身の外見的均衡を整えスタイルを良く見せてくれる。

女性の足取りを強調する事でファッションを引き立たせてくれる。


ハイヒールの短所

ハイヒールの短所

転倒しやすくなり、捻挫などの事故が増える。

直立、歩行時に安定性が保てないため、足に過度の負担が掛かり痛みが発生する。
そのまま履き続けると骨と腱を傷付け「外反母趾」になる場合もあります。


ハイヒールの短所

かかとを持ち上げる構造なので、常にアキレス腱を緊張させる。

魚の目や水疱が出来やすい。
これは、体重がその部分に集中し、骨と地面とで挟まれるためです。

ハイヒールを履いた状態で自動車を運転することは禁止されている。(道路交通法第71条)
これは自動車を運転する際、足の指先が自由に動かないため足先の感覚が鈍ってペダルの踏み込み加減がわかりにくいからです。



HOME | | サンダル | スリッパ | 下駄 | 草履 | 草鞋 | 足袋 | 外反母趾 | サイトマップ